パナソニックは、光学24倍ズームレンズを搭載し、フルハイビジョンAVCHD動画の撮影に対応したデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ48」を、8月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万3000円前後の見込み。

LUMIX DMC-FZ48

 有効1210万画素のハイスピードCCDを採用。35mm判換算で25~600mmの光学24倍ズームレンズ「LEICA DC VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)」を搭載する。EDレンズを3枚使用することによって、高倍率ズームで起こりやすい色収差を抑えた。

 画像の輪郭部や細かな部分、変化の少ない平坦な部分を特定し、超解像技術を用いてそれぞれに最適な画像処理を行う「iAズーム」機能を搭載。画質がほとんど劣化することなく、32倍ズーム(35mm判換算で最大800mm)を実現する。

 「動画RECボタン」を押すだけのAVCHD動画撮影は、解像度1920×1080のフルハイビジョンで、ズームが利用できる。手ブレ補正レンズの駆動範囲を拡大し、光学式手ブレ補正の範囲を広げることで歩き撮りのブレを抑える「アクティブモード」を備える。音声はステレオで、ドルビーデジタルステレオクリエーターに対応。新たに「オート風音低減」機能を搭載した。

 静止画で11種類、動画で10種類のシーンモードを用意。人物や風景、夜景&人物など、よく使うシーンモードは「アドバンスシーンモード」としてモードダイヤルに搭載しているので、最適なシーンをすばやく選んで撮影できる。

 対応メディアはSD/SDHC/SDXCカードで、内蔵メモリは約70MB。サイズは幅120.3×高さ79.8×奥行き91.9mm、重さは約498g。