河合楽器製作所は、7月22日、楽譜にカメラを向けるだけで五線や音符を認識し、画面に触れてすぐに演奏できるiPhone用アプリ「楽譜カメラ」を「App Store」で発売した。価格は350円。

 楽譜にiPhoneのカメラを向けると、「リアルタイム楽譜認識エンジン」によって自動的に五線と音符を認識する。音を聴きたいところでシャッターを押し、楽譜を撮影。「TAP」ボタンを指で押さえて一音ずつじっくり音を聴いたり、音符の下を指でなぞって同じところを何度も再生・逆再生したりできる。音色は、聞き取りやすい6種類のシンセサイザー音から選べる。

「楽譜カメラ」の画面(イメージ)

 片手だけで使えるユーザーインターフェースで、印刷楽譜はもちろん、手書きの楽譜、多少の明暗や色ムラ、シワのある楽譜でも認識する。誤認識をしたときは、片手で音符や臨時記号を修正できる。

 音の高さを変更できるトランスポーズに対応しており、トランペットなどの移調楽器(楽譜表記と実際の音の高さが異なる楽器)に対応。また、バリトンとバスなど、和音から自分のパートの音符だけを拾い出して認識し、保存することができる。対応機器とOSは、iPhone 4/iPhone 3GS/iPod touch(第4世代)/iOS 4.0以降。