アップルは、7月21日、最新OSの「Mac OS X Lion」や「Thunderbolt I/Oインターフェイステクノロジー」、次世代プロセッサを搭載した「MacBook Air」を発売した。

MacBook Air(左から、11インチ、13インチモデル)

 光学ドライブレスの薄型モバイルノート。アルミニウム製ユニボディは、最も薄いところで0.3cm、最も厚いところでも1.7cmと薄く、重さ1kg程度と軽い。

最も薄いところはわずか0.3cm

 高速のThunderbolt I/Oインターフェイステクノロジー、次世代プロセッサ、フルサイズのバックライトキーボード、前世代と比べ2倍の性能と起動の速さを実現したフラッシュストレージ、高解像度LEDバックライトディスプレイを搭載。Thunderboltによって、これまで「MacBook Air」では利用できなかった周辺機器を使えるようになった。このほか、IEEE802.11n対応の無線LAN、Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー、2基のUSBポートなどを備える。

 ラインアップは、1.6GHzデュアルコアIntel Core i5と11.6インチの液晶ディスプレイを搭載した11インチモデルと、1.7GHzデュアルコアIntel Core i5と13.3インチの液晶ディスプレイ、SDカードスロットを搭載した13インチモデルの2モデルで、それぞれメモリ・フラッシュストレージの容量が異なる2モデルを用意する。バッテリ駆動時間は、重さ1.08kgの11インチモデルが最長5時間、重さ1.35kgの13インチモデルが最長7時間。

 価格は、容量64GBの11インチモデルが8万4800円、容量128GBの11インチモデルが10万2800円、容量128GBの13インチモデルが11万800円、容量256GBの13インチモデルが13万8800円。