アイ・オー・データ機器は、スタンド型のホームネットワークAndroidプレーヤー「alimo(IAT-PSR701)」を8月上旬に発売する。価格はオープンで、直販サイトでの販売価格は3万4800円。

alimo

 「alimo(アリモ)」は、マルチタッチに対応する解像度800×480ドット、7.0インチの液晶ディスプレイに、Android 2.2を搭載したAndroid端末。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANに対応し、無線LAN環境があれば、場所を問わずにインターネットに接続できる。無料でビデオ通話ができるSkypeや、Gmail、Googleカレンダー、YouTubeなどのアプリケーションをプリインストール。さらに、Androidマーケットから好きなゲームやアプリをインストールして自分好みにカスタマイズできる。

 メディアプレーヤーとして、本体に接続したSDメモリカードやUSBメモリ内の写真・動画・音楽のほか、DLNAに対応するLAN接続型HDDに保存した写真・動画・音楽をネットワーク経由で再生できる。約200万画素のカメラやステレオスピーカー、テレビなどを操作できる赤外線リモコン機能、HDMI端子なども搭載する。 

板状ではなく、スタンド型の形状。立てても寝かせても利用できる

 ビデオ通話や動画観賞に最適な縦向き、文字入力などに便利な横向きの二通りの置き方に対応。スタンド型なので、別途、スタンドやスタンド機能付きケースを使わなくても、画面に傾斜をつけることができる。サイズは幅約230×奥行き40×高さ120mm、重さは約470g。4GBのSDメモリカードが付属する。