ソフトバンクモバイルは、これまでスマートフォンを使ったことのない人でも簡単に使える初心者向けの「シンプルスマートフォン SoftBank 008Z」を、8月中旬以降に発売する。

シンプルスマートフォン SoftBank 008Z

 標準のホーム画面に、大きなサイズの文字と丸型のカラフルなアイコンの組み合わせを採用。よく使う機能を簡単に使えるように、ホーム画面には電話帳やメール、カメラなど必要な機能のアイコンだけを配置した。また、1画面に配置できるアイコンの数を6個に限定するなど、スマートフォン初心者でも迷わないシンプルさを重視したデザインに徹している。

 スマートフォンの基本となる4機能――電話/メール/カメラ/ブラウザは、操作の選択肢を絞り込み、手順に沿って機能を表示することで、画面の指示に従って簡単に利用できる。操作や設定などがわからない場合でも、ホーム画面の「かんたんヘルプ表示」で、すぐに調べることができる。カメラは有効画素数503万画素。

 このほか、歩数計アプリや乗換案内アプリ、辞書アプリ(90日間無料)、メモアプリなどをプリインストールし、買ったその日からスマートフォンを便利に活用することができる。対応メディアはmicroSDカードで、2GBのカードが付属。サイズは幅62×高さ119×厚さ13mmで、重さは約133g。

 なお、「SoftBank 008Z」はSIMロック解除に対応。詳細は、後日ウェブサイトで案内する。また、シンプルなホーム画面は、他のスマートフォンでも利用できるように、ソフトバンクが提供するスマートフォンのカスタマイズアプリ「スマセレ」に、8月中旬以降、「シンプルスマートフォンセレクト」として追加する予定。