BCNは、全国の主要なパソコン販売店や家電量販店、ネットショップから収集した実売データにもとづき、年間で最も販売台数シェアの高かったメーカーを部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2012」を2012年1月25日に開催する。また、IT関連のコンテストで優秀な成績をおさめるなど、すぐれた技術をもつ若者を表彰する「BCN ITジュニア賞 2012」も同時に開催する。

→2011年上半期No.1

 「BCN AWARD」は、23社、2341店舗(2011年6月現在)の実売データを収集し、そのデータをもとに1年間(1月1日~12月31日)の販売台数トップメーカーを表彰するもの。選考には、有識者で構成する認証委員会の検証を経る公正な評価システムを導入している。

「BCN AWARD 2011」のロゴ

 「BCN AWARD 2012」の対象部門は、7月20日現在、ハードウェアが74部門、ソフトウェアが32部門の全106部門。新設部門は「スレートPC」「スレートPCアクセサリ」「三脚・一脚」「スマートフォン」の4部門。ただし、市場の状況によって変更する可能性がある。

「BCN AWARD 2012」(集計期間2011年1月1日~12月31日)の対象部門一覧
(ハードウェア部門 74部門/ソフトウェア部門 32部門)


→オリジナルプレスリリース