ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、7月14日、スカイプ・テクノロジーズ S.A.と提携。Wi2の無線LANスポット約4100か所で、「Skype Access」が利用できるようになった。

 「Skype Access」は、無線LANスポットを経由してインターネットに接続するサービスで、支払いは1分あたりの料金をもとに、Skypeクレジットで行う。Wi2の無線LANスポットでの「Skype Access」の利用料金は、1分15円。

 Wi2とスカイプは、「Skype Access」のWi2対応を記念して、7月14日から8月14日まで、「Skype Access×Wi2対応キャンペーン」を実施。期間中は、Wi2の無線LANスポット約4100か所で、「Skype Access」を無料で使用できる。

 「Skype Access」は、Wi2との提携によって、空港や駅、リムジンバス、丸ビルなどの複合商業施設での対応エリアが拡大した。対応エリアでは、Wi2のSSID「Wi2」と「[wi2]」の無線LANスポットで、PCからSkypeにログインできる。