HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部は、中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」が「カメラグランプリ 2011 大賞」を受賞したことを記念して、外装を漆で仕上げた特別仕様の「PENTAX 645D japan」を、7月20日~9月20日の2か月間、期間限定で受注販売する。価格はオープンで、実勢価格は120万円前後の見込み。

PENTAX 645D japan

 外装に、福島県会津若松市の坂本乙造商店が開発した漆塗り手法による漆仕上げを採用。黒漆をベースに、何種類もの銀箔をちぎり絵のように貼り込み、ボルドー着色塗装を施すことで、高級感に加えて奥行き感をもたせた。手づくりで丹念に仕上げるため、一台一台が微妙に異なる風合いをもつ。

 ボディ前面の「PENTAX」ロゴと、上面のモードダイヤル銘板の凸部は金メッキ処理。グリップのラバー部は、ツヤのある半光沢の黒に仕上げた。特別仕様のストラップには、「Camera GP 2011 Camera of The Year」の文字と「PENTAX 645D」のロゴが金色で入る。

 フォーカシングスクリーンには、専用のセンタースポットマット「DS-80」を、またボディマウントキャップはツヤのあるブラック塗装の専用品を装着。上面LCDのバックライトはグリーンからホワイトに変更した。ファームウェアは、別売のGPSユニット「O-GPS1」に対応した最新バージョンをインストールしている。

 ボディには、限定モデルだけのシリアルナンバーが入る。「カメラグランプリ 2011 大賞」のロゴマークをレーザーで刻印した特別仕様の桐製化粧箱入り。

 2010年5月発売の「PENTAX 645D」は、有効約4000万画素の大型CCDセンサと堅牢性の高い防塵防滴仕様のボディをもつ中判デジタル一眼レフカメラ。レンズと撮像素子の本来の解像力を引き出すローパスフィルターレス設計で、超高精細・超高画質の画像を実現するためのさまざまな撮影機能を備える。

特別仕様のストラップ(左)と、「カメラグランプリ 2011 大賞」のロゴが入った桐箱