KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、日本電気、パナソニック、日立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社は、7月12日、家庭内のエネルギーを制御し、効率的に需給することで省エネルギーと節電を目指す共同検討体制「HEMS(ヘムス)アライアンス」を立ち上げたと発表した。

HEMSのシステム構成要素イメージ

 「HEMS」とは、ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略で、家庭内の電気などのエネルギーを管理し、可視化することで、省エネを行うシステムのこと。

 「HEMSアライアンス」は、家庭内のエネルギーをコントロールする「HEMS」アプリケーションや、ネットワークを介して「HEMS」アプリケーションでコントロールできる「スマート家電」の開発に取り組む。来年夏に節電に向けた何らかの成果を実現し、2014年をめどに一定の成果を出すことを目指している。

 オール電化住宅などのホームコントローラーは、現段階では制御できる機器に限りがある。また、コントローラーと家電製品のメーカーが異なる場合、ユーザーや機器の安全確保のために制御することができない。「HEMSアライアンス」は、異なるメーカーの製品間の制御ルールや、外部の開発者との連携に必要な環境の整備などを検討していく。