ソニーは、7月12日、ノートPCの電池として広く使われている直径18mm、長さ65mmの円筒形で、スズ系アモルファスを負極材料に用いた3.5Ahの高容量リチウムイオン二次電池「Nexelion(ネクセリオン)」を開発したと発表した。2011年中の出荷を予定している。

Nexelion(ネクセリオン)

 ソニーは、2005年に高容量化を実現する材料「スズ系アモルファス負極」の開発に成功。直径14mm、長さ43mmの円筒形サイズで商品化し、「Nexelion」として導入した。さらに今回、直径18mm、長さ65mmの円筒形サイズに拡張し、充電終止電圧4.3V、放電終止電圧2.0Vまで範囲を広げることで、黒鉛を負極材料に用いた従来品(18650G6G)2.2Ahのおよそ1.6倍となる3.5Ahの高容量を実現した。 


 高容量リチウムイオン二次電池「Nexelion」の開発にあたっては、スズ系アモルファス負極の採用、その負極粒子形状の最適化などに加え、正極材料の表面処理技術、安全性を高めた高機能セパレータなどの技術を活用した。