ソフトバンクモバイルは、下り最大42Mbpsの高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応するモバイルWi-FiルータやUSBスティック型データ通信専用端末向けプランとして、月額料金が定額4980円の「データし放題フラット for ULTRA SPEED」と、1400円~5460円の2段階定額制の「データし放題 for ULTRA SPEED」の提供を7月8日に開始。同時に、これらのプランに対応するZTE製のモバイルWi-Fiルータ「SoftBank 007Z」を発売する。

SoftBank 007Z

 「データし放題フラット for ULTRA SPEED」と「データし放題 for ULTRA SPEED」は、2種類の料金プランを同時に契約することによって、1枚のUSIMカードで二つのエリアが利用できるパッケージプラン。

 「データし放題フラット for ULTRA SPEED」は、「データフラットプラン for ULTRA SPEED」と「データフラットプランS」の2種類の料金プランを同時に契約することで、基本使用料が割引になるパッケージプラン。7月8日~11月30日の「データ通信スタートキャンペーン」期間中に契約すると、月額料金が3880円となる。

 「データし放題 for ULTRA SPEED」は、「データフラットプラン for ULTRA SPEED」と「データフラットプランS」の2種類の料金プランを同時に契約することで、2段階の定額制で基本使用料が割引になるパッケージプラン。7月8日~11月30日の「データ通信スタートキャンペーン」期間中に契約すると、月額料金が1400円~4980円の2段階定額となる。

 サービス開始当初の対応端末は、「SoftBank 007Z」のみ。7月下旬以降に発売する「SoftBank 005HW」も対応する予定で、対応端末は順次拡大する。

 「SoftBank 007Z」は、「ULTRA SPEED」に対応したモバイルWi-Fiルータ。IEEE802.11b/g/nに対応し、最大10台までのWi-Fi機器を接続できる。連続通信時間は約4時間。本体にmicroSDHCカードスロットを備える。サイズは幅約102.0×53.0×16.6mm、重さは約97g。