NTTドコモは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のAndroid搭載スマートフォン「Xperia arc SO-01C」向けに、機能やプリインストールアプリを追加する機能バージョンアップファイルを、7月6日18時以降に提供する。

Xperia arc SO-01C(左からSakura Pink、Midnight Blue、Misty Silver)

 主な追加機能は、ソニー・エリクソン独自の日本語・英語予測変換、入力アシスト機能「POBOx Touch 4.1」、メール閲覧機能の向上、「ギャラリー」でFacebookのアルバム内の写真を表示するなど、Facebookとのさまざまな連携を実現する「Facebook Inside機能」の追加など。「POBOx Touch 4.1」は、入力可能なひらがなをすべて表示する50音キーとアルファベットと数字を1画面にまとめた入力モードを追加し、文字入力を便利にした。 

「POBOx Touch 4.1」の画面

 このほか、iチャネルやメロディコール、地図アプリ(トライアル版)、海外ローミング設定アプリなどのプリインストールアプリケーションを追加する。ソニー・エリクソンオリジナルアプリとして、「Sony Ericsson Store」や、ソニー・エリクソンおすすめのAndroidアプリを紹介する「APPNAVI」もプリインストールする。

 バージョンアップ方法は、端末単体でのパケット通信(無線LAN可)とパソコン接続の二通りの方法があり、詳細な手順はウェブサイトに掲載している。なお、パソコンを用いたバージョンアップは、システムの都合によって、利用可能時刻が遅れる可能性があるという。