NTTドコモは、明るい場所でも液晶表示が見やすい約4.0インチの高輝度ディスプレイを搭載したスマートフォン「ドコモ スマートフォン Optimus bright L-07C」を6月18日に発売する。

Optimus bright L-07C(Black)

 LGエレクトロニクス・ジャパン製のAndroid 2.3搭載スマートフォン。昼間の屋外など、明るい太陽の下でも見やすい最大輝度700cd/m2の明るいIPS液晶NOVAディスプレイを搭載。バックライトの利用効率を上げ、従来と同じ消費電力で、5月16日現在、世界最高輝度となる高輝度を実現した。消費電力を節約するecoモード、周囲の明るさに合わせて自動で輝度を調整する照度センサを搭載する。

 約4.0インチの大画面ながら、本体は薄さ9.5mmのスリムなフラットデザイン。持ち手に沿って傾斜をつけた持ちやすい形状など、シルエットや細かなパーツにまで使いやすさとデザイン性を追及した。

きせかえ感覚で替えられる、3色のリアカバーが付属する

 有効約510万画素のCMOSカメラを搭載。ワンセグには対応していない。カラーはBlackとWhiteで、BlackにはBlueとMagenta、WhiteにはLight BlueとLight Pinkの着せ替え用リアカバーが付属する。サイズは高さ約122.0×幅約64.0×厚さ約9.5mm(最厚部 約9.5mm)、重さは約112g。