シャープは、6月15日、インターネット機能を強化した3D対応液晶テレビ「AQUOS Lシリーズ」を7月15日に発売すると発表した。発売に合わせて、テレビ向けのネットサービス「AQUOS City」を開始する。

インターネット対応を強化した液晶テレビ「AQUOS Lシリーズ」

 「AQUOS Lシリーズ」は、40型「LC-40L5」、46型「LC-46L5」、52型「LC-52L5」、60型「LC-60L5」をラインアップ。全機種に無線LANを内蔵したほか、スマートフォン「AQUOS PHONE」で撮影したハイビジョンの写真や動画を転送できる「スマートリンク」機能を備えるなど、テレビの新しい楽しみ方を提案する。

 発表会で、中村恒夫執行役員AVシステム事業統轄兼AVシステム事業本部長は、「ネット対応テレビは世界的に急拡大している」としたうえで、「テレビ本体の基本性能に加え、ソフト・サービスの両輪で新しい価値を創造する」と表明。「AQUOS Lシリーズ」の発売とともに、テレビ向けネットサービス「AQUOS City」を開始することを明らかにした。

中村恒夫執行役員AVシステム事業統轄兼AVシステム事業本部長

 「AQUOS City」は、従来からネット対応の「AQUOS」が提供しているVOD(ビデオオンデマンド)や天気予報などの動画に加え、新たにVODのコンテンツを横断的に検索できる「スマートサーチ」や、離れて暮らす家族などがテレビの電源を入れたことを電子メールで知らせる「見守りサービス」など、独自サービスと、生活をサポートするコンテンツを提供していく。「AQUOS Lシリーズ」だけでなく、09年6月以降に発売したインターネット対応モデルにも対応していく。

新ネットサービス「AQUOS City」の画面イメージ

 「AQUOS Lシリーズ」は、「ハイスピードUV2A」によって、従来機種「LV3シリーズ」に比べて3D映像のストロークを70%削減。また、「240Hzスキャン」の採用で、2D/3D映像ともスポーツなど動きの速いコンテンツを明るく色鮮やかにくっきりと表現する。映像との一体感が感じられる音を再現する新開発のスピーカー「ARSS」と低振動ウーファー「Duo Bass」によって、高画質・高音質を実現した。実勢価格は、40型が22万円前後、46型が30万円前後、52型が38万円前後、60型が45万円前後の見込み。