キングソフトは、オンラインストレージサービス「KDrive」や、Android端末用のオフィス文書閲覧ソフト「KINGSOFT Office for Android」と連携するオフィスソフト「KINGSOFT Office 2010 MINIMUM版」を、6月17日に発売する。価格は4280円。同時に、キングソフト全製品のイメージキャラクターとして、歌手の真野恵里菜さんを起用する。

KINGSOFT Office 2010 MINIMUM版

 PCをオンラインストレージサービスやスマートフォンと連携させることで、オンライン上に保管したオフィス文書を、スマートフォンを利用していつでもどこでも見られるようにするソフト。

 「KINGSOFT Office 2010 MINIMUM版」をPCにインストールすると、「KDriveクライアントソフト」を自動的にインストール。PC上にバーチャルドライブ「KDrive」を作成し、オンラインストレージと自動的に同期する。オンラインの「KDrive」に保存したオフィス文書は、ウェブサービス「KDriveオンラインサービス」や、Android端末で動作する「KINGSOFT Office for Android」からアクセスできるようになる。

 「KINGSOFT Office 2010」で作成したオフィス文書は、「KDrive」ツールバーや「ファイル」メニューから「オンラインストレージKDriveに保存」を選択して、直接「KDrive」に保存できる。また、「KDrive」に保存した文書を、「KINGSOFT Office 2010」の「ファイル」メニューから直接開くこともできる。

 また、Microsoft Office 2007以降なら、「KDriveクライアントソフト」をインストールして、「KDrive」に直接ファイルを保存したり、「KDrive」上のファイルを直接開いたりすることができる。対応OSは、Windows 7/Vista/XP/2000 SP4以降。