ヤフーとローソンは、6月9日、それぞれのプラットフォームやノウハウ、会員基盤を活用したサービスを共同で展開していくことで合意に達した。

 ヤフーの運営するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」とローソンのリアル店舗、プラットフォーム・ノウハウを生かしたショッピングモール、スマートフォン向けアプリ、おすすめ情報発信の各分野で連携する。

 「Yahoo! JAPAN」とローソン店舗の連携では、6月から「Yahoo! JAPAN」が開始した位置情報サービス「Yahoo!ロコ」を活用。地図上に店舗を表示し、近くにいるユーザーに情報を発信して来店を促進する。

 8月からは「Yahoo!ショッピング」の人気お取り寄せ商品を、ナチュラルローソン店頭で販売する。第一弾は東北地方の商品を予定しており、売り上げの一部はNPOなどを通じて被災地支援に役立てる。また、ローソンの購買履歴などを検証するCRMで、「Yahoo!ショッピング」出店ストアへの購買データの提供を行う。

 ショッピングモールの連携では、ローソンが運営するECモール「Loppi」(ロッピー)で、「Yahoo!ショッピング」出店ストアの商品を販売する。ローソンの共通ポイントプログラム「Ponta」会員は、2012年前半からPontaポイントを獲得できる予定だ。また、将来はYahoo! JAPAN IDでのログインもできるようにするという。

 さらに、ローソンの商品担当者が、ネットショッピングモールの品質基準とコンビニ業界の商品知識や目利きの力で、「Loppi」で食品を中心におすすめ商品をピックアップ。万が一、商品に不具合があった場合に備え、商品を返品できる「ローソンあんしん保証」制度をスタートする。

 スマートフォン向けアプリでは、店舗とネットの連携を促進する、専用スマートフォンアプリを開発し、12月に無料で配布する予定。時間や場所を限定した特典の配信などを予定する。

 おすすめ情報の発信は、2012年春から随時実施する。Yahoo! JAPAN IDをベースにした履歴(閲覧、検索、商品購入など)と、ローソンの「Ponta」会員の購買履歴を活用し、ユーザーに合った情報やキャンペーン案内などを提供していく。