米アップルは、米国時間の6月6日、新しい無料のクラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」を発表した。今秋、「iOS 5」のリリースと同時に正式バージョンを提供し、サービスを開始する予定。

アップルのサイトの「iCloud」の紹介ページ

 「iCloud」は、iOS 5の一部として、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows PC上のアプリケーションとシームレスに連動し、音楽などのユーザーのコンテンツを自動的に「iCloud」のオンラインストレージにワイヤレスで保存し、そこからユーザーの手持ちのすべてのデバイスに自動的にワイヤレスでプッシュ配信する。これにより、例えば、iPhoneで何らかの変更を行うと、他のすべてのデバイスがワイヤレスでほぼ即座に更新されるようになる。

「iCloud」のイメージ

 これまで、有料サービス「MobileMe」として提供していたme.comドメインのメールアカウントなどに加え、iPhone/iPod touch/iPadを充電している間に、これらiOSデバイスのバックアップをWi-Fi経由で行う「iCloud Backup」、iCloud Storage APIを使って作成したすべての書類を保存するとともに、それらを自動的にすべてのデバイスにプッシュ配信する「iCloud Storage」、撮影した写真やデバイス上に読み込んだ写真を自動的にアップロードし、すべてのデバイスとコンピュータにプッシュ配信する「Photo Stream」を提供する。

 また、App StoreやiBookstoreで購入したアプリケーションや書籍が、購入に使用したデバイス上だけでなく、ユーザーの手持ちのデバイスすべてにダウンロードできるようになる。App StoreとiBookstoreでは、購入履歴も確認でき、iCloudのアイコンをタップするだけで、すでに購入したアプリケーションや書籍を、追加費用なしで最大10台までの手持ちのデバイスにダウンロードできる。

iOS 4.3を搭載したiPad 2の「App Store」に「購入済み」の項目が追加された。
このデバイスにインストールしていないアプリには、雲のアイコンが表示されている
(左はすべて、右は「iPadに無いアイテム」)

 iOS 5が動作するiPhone/iPod touch/iPadか、Mac OS X Lionが稼働するMacを使用している場合に、有効なApple IDを使ってiCloudに登録すると、メール、書類、バックアップ用に、最大5GBのストレージを無料で提供する。容量は有料で増やすことができる。詳細は「iCloud」のリリース時に発表する。なお、アップルから購入した音楽、アプリケーション、書籍の保存や「Photo Stream」に必要なスペースは、無料の5GBには含まれない。

 また米国限定で、年間24.99ドルの有料サービスとして、自分のMacやWindows PCに保存した音楽ライブラリの楽曲をどのデバイスでも聴けるようにするサービス「iTunes in the Cloud」を開始。過去にiTunesを通じて購入した音楽ならば、手持ちのiOSデバイスすべてに追加費用なしでダウンロードできる。CDから取り込んだ曲など、iTunes以外で入手した音楽についても、「iTunes Match」を利用し、iTunes Storeで提供中の楽曲と合致する場合には、256kbps AAC DRMフリーバージョンを代わりにダウンロードできるようにし、残りの合致しない曲だけをクラウドにアップロードする仕組みだ。

 なお、iOS 4.3を搭載したiPhone/iPod touch/iPad向けに、「iTunes Match」を搭載しない「iTunes in the Cloud」の無料ベータバージョンを提供している。また、iOS・Macのデベロッパプログラムのメンバーを対象に、「iCloudベータ」と「iCloud Storage API」を提供している。