NTTドコモは、Android搭載スマートフォン「GALAXY S SC-02B」「GALAXY Tab S-01C」「LYNX 3D SH-03C」の3機種のOSバージョンアップを6月7日から実施する。

左から、GALAXY S SC-02B、GALAXY Tab S-01C、LYNX 3D SH-03C

 サムスン電子製の「GALAXY S SC-02B」「GALAXY Tab S-01C」はAndroid 2.2から2.3へ、シャープ製の「LYNX 3D SH-03C」はAndroid 2.1から2.2へ、それぞれOSをアップデートできる。アップデートすると、操作性が向上し、新たな機能を利用できるようになる。

Android 2.3の新機能

 Android 2.3では、ゲーム・アニメーションの動作速度が向上し、「バッテリ使用量」メニューの改善で、詳細なバッテリ使用状況を確認できるようになる。このほか、アプリケーションが使うメモリ量を確認できる「メモリー使用」、ダウンロードしたファイルをリストで管理できる「ダウンロード」アプリを追加する。

 Android 2.2では、「Flash Player 10.1」に対応するほか、microSD/SDHCカードへのアプリ保存、音声による文字入力、アプリの自動更新・一括更新などが可能になる。

 OSバージョンアップの詳細な手順は、それぞれ機種ごとに、端末メーカーが提供するダウンロードサイトで説明している。

【ダウンロードサイト】
GALAXY S
GALAXY Tab
LYNX 3D SH-03C(6月7日10時以降)