ウェブテクノロジ・コムは、電子書籍向けにJPEG画像とPNG画像を重ね合わせて1枚の画像として表示する「ハイブリッド画像」を作成するアプリケーション「OPTPiX imesta 7 for eBook」を、6月中旬に発売する。税別価格は、1ライセンスあたり4万5000円/月。

OPTPiX imesta 7 for eBook

 電子書籍で使用する画像データは、データサイズの小さいJPEG形式が一般的だが、JPEG形式に圧縮を行うと写真以外のイラストや図表、飾り文字などにモスキートノイズが発生してしまう。一方、PNG形式はモスキートノイズの心配はないが、色数の多いデータではデータ圧縮効率が低い。

 「OPTPiX imesta 7 for eBook」は、JPEG画像とPNG画像を重ね合わせて1枚の画像として表示する「ハイブリッド画像」を生成するアプリケーション。独自のアルゴリズムによって元画像を細かく分割し、色数の多いところはJPEG画像で、色数の少ないところはPNG画像で保存する。

 JPEG形式とPNG形式の長所を取り出してハイブリッド画像を生成するので、データが軽く、美しい電子書籍ができる。カラーの雑誌やコミックを電子化するのに適している。プレビュー画面で品質を確認しながら「ハイブリッド画像」が生成できる。既存の画像フォーマットを用いているので、表示のために新たなデコードプログラムを用意する必要はない。

JPEG画像とPNG画像を重ね合わせることで、ノイズを防ぎながらデータサイズを小さくできる

 対応OSはWindows 7(32/64ビット)/Vista(32/64ビット)/XP/2000。64ビットOS上では、32ビットアプリケーションとして動作する。また、CentOS上で動作するハイブリッド画像変換プログラムも提供する(別途ライセンス契約が必要)。

 ウェブテクノロジ・コムは、「ハイブリッド画像」を手軽に体験できる無料のウェブアプリケーション「OPTPiX eBook(ALPHA)」を提供。利用回数(アップロード回数)に制限があり、マクロや画像加工などのオプションは利用できない。