日本放送協会(NHK)は、パソコン向けに、NHKラジオのインターネット同時配信(IPサイマルラジオ)を9月1日から開始する。10月1日からは、利用者が拡大しているスマートフォン向けにも配信する。

 9月1日のサービス開始時は、番組情報はなし。10月1日のサービス拡充後は、番組表や番組のウェブサイトのURLなども表示し、番組情報など付加情報も提供する。なお、通常のラジオ放送に比べ、若干遅れが生じるため、時報と緊急地震速報はカットする。また、政見・経歴放送と、権利処理できなかったコンテンツが含まれる番組は配信しない。

 配信するラジオ局は、ラジオ第1放送(関東広域・モノラル)、ラジオ第2放送(全国・モノラル)、FM放送(東京都域・ステレオ)で、配信エリアは国内限定。専用Webサイトに設置した各波ごとの聴取プレーヤーで再生する。

 今回のIPサイマルラジオの提供は、ラジオの難視聴対策が目的で、2年間の試行提供となる。NHKラジオのキャラクター「らじる」と連動したキャンペーンや、NHKと民放連の共同ラジオキャンペーン「はじめまして、ラジオです」を通じてPRしていく予定。

NHKラジオのキャラクター「らじる」

 IPサイマルラジオは、インターネットを利用し、地上波のラジオ放送と同じ内容をサイマル配信するサービス。PC・スマートフォン向けには、2010年3月から、関東・関西地区の民放ラジオ局が参加した「radiko」が試験放送を開始。12月1日から本放送を開始し、聴取可能エリア・参加ラジオ局が拡大している。