【台北発】5月31日から6月4日まで、台湾・台北市でアジア最大のIT総合展示会「COMPUTEX TAIPEI 2011」が開かれている。今年も、主役は「モバイル」。ノートPCやタブレット端末、スマートフォンを出展しているメーカーが多い。台湾を代表する大手メーカー、ASUSTeK Computer(ASUS)のブースでは、キーボードが取り外せるタッチパネル式のノートPC「Eee Pad」に関心が集まっていた。

ASUSのブース

 「Eee Pad」は、ノートPCとしてキーボードで操作するだけでなく、ちょっとしたアプリや音楽を楽しむときなど、タッチパネルで簡単に操作することができるタブレットライクな操作性が、来場者の人気を博している。

タッチパネル式のEee Pad

「Eee Pad」のコーナーには人だかり

 ASUSのブースでは、記者会見で披露したスマートフォンを内蔵するタブレット端末「Padfone」も披露している。

スマートフォンをお腹に抱く「Padfone」