【台北発】ASUSTeK Computer(ASUS)は、5月30日、アジア最大のIT総合見本展示会「COMPUTEX TAIPEI 2011」の開催に先立って台湾・台北市で記者会見を開催し、スマートフォンを内蔵するタブレット端末「Padfone」を発表した。

スマートフォンを内蔵するタブレット端末「Padfone」

 タブレット端末の裏側に、スマートフォンを内蔵。通話ができるだけでなく、大きな画面でインターネットやアプリを楽しむことができる。SIMカードは1枚で、通信事業者との契約は1台分ですみ、ストレージも共有。データ転送の手間がなく、状況に応じてタブレット端末とスマートフォンを使い分けられる。

ジョニー・シー会長

 タブレットとスマートフォンの両方を利用する人にとっては、これまでアプリやデータの共有、携帯電話事業者と2台分の契約を結ばなければならないなど、手間やコストが重荷になっていた。ASUSは、「革新的な製品をつくり出し、世界でリーダーシップをとる」(ジョニー・シー会長)というコンセプトに基づいて開発したという。なお、「Padfone」の仕様や機能、発売時期などは明らかになっていない。