キヤノンマーケティングジャパンは、5月25日、オンライン型のフォトブックサービス「PHOTOPRESSO」を一般公開した。ウェブサイト上で写真を編集・加工してオリジナルのフォトブックを作成し、電子書籍のように公開したり、他のユーザーと共有したりすることができる。

「PHOTOPRESSO」のトップページ

 キヤノンは、昨年7月にユーザー向けサイト「CANON iMAGE GATEWAY」の会員を対象に「PHOTOPRESSO」のサービスを開始。今回、会員でなくても利用できるようにした。一般公開に伴い、写真を公開するギャラリーをリニューアルし、新着作品の紹介や人気ランキングのほか、新たに閲覧者がお気に入りの写真を紹介する「GoodShot!」機能などを提供する。

 フォトブックの編集・作成、ギャラリーへの公開は無料。フォトブックの印刷は、1冊あたり40ページで1700円。40ページを超える場合は、最大で204ページまで、2ページ単位で50円ずつ加算となる。別途、送料が必要。

 FacebookやmixiなどのSNSや、Twitter、ブログなどとの連携機能で、ギャラリーに公開した作品をこれらのサイトで紹介したり、公開している写真に対してコメントを投稿したりすることができる。今夏には、iPhoneやiPadでの作品閲覧や、Twitter経由でのコメント投稿にも対応する予定。

 サイトでは、一般公開にあわせてスペシャルコンテンツ「ほんとのつながり。」を公開。タレントのさかなクンやモデルのまつゆう、イラストレーターのキン・シオタニが制作したフォトブックを公開。Twitterでのコミュニケーションや、楽しいフォトブックのつくり方を紹介しながら、人と人とのつながりを表現している。