富士通は、同社のノートPC向けに「ピークシフト設定」「パソコン節電設定」のユーティリティの無償提供を開始した。

「ピークシフト設定」(左)と「パソコン節電設定」

 「ピークシフト設定」ユーティリティは、時間帯によってACアダプタ運用とバッテリ運用とを切り替えて、電力ピークタイムの電力消費を抑えるプログラム。初期状態では、7月1日~9月30日の期間は13時~16時までバッテリ駆動を優先する設定で、ACアダプタを接続した状態でもバッテリで運用(バッテリ残量がなくなった場合はACアダプタで運用)する。また、10時から17時まではバッテリの充電抑止を有効にする設定でACアダプタで運用するが、バッテリへの充電は行わない。

 「パソコン節電設定」ユーティリティでは、同社のPCに搭載する「省電力ユーティリティ」「バッテリーユーティリティ 80%充電機能」「バッテリーユーティリティ Eco Sleep機能」などの省電力ユーティリティや、「ピークシフト設定」ユーティリティをメニューから呼び出し、省電力や節電にかかわる設定を一度に確認・変更できる。

 対象機種は、2011年春モデルの「LIFEBOOK AH」シリーズ、「LIFEBOOK SH」シリーズ、「LIFEBOOK PH」シリーズ、2011年夏モデルの「LIFEBOOK NH」シリーズ、「LIFEBOOK AH」シリーズ、「LIFEBOOK SH」シリーズ、「LIFEBOOK PH」シリーズ。