ドコモ、Androidスマートフォン向けの海外利用アプリ「ドコモ海外利用」、サポート拠点も拡大

ニュース

2011/05/20 14:35

 NTTドコモは、海外での携帯電話利用の利便性向上に向けて、5月19日、Androidスマートフォン向けアプリ「ドコモ海外利用」の提供を開始した。ドコモの携帯電話を無料で充電できる海外のサポート拠点も順次拡大する。

海外パケ・ホーダイ」の設定や適用状況の確認ができる

 「ドコモ海外利用」は、「海外パケ・ホーダイ」の設定サポートや適用状況の確認、国名や事業者名、現地時刻と日本時刻の表示、地域別の事業者名の確認などができるアプリ。ドコモマーケットからダウンロードする。利用料金は無料。

 「海外パケ・ホーダイ」の事業者以外に接続した場合や、対象国や対象地域以外に渡航したときには、注意を喚起してくれる。また、接続状況や時刻を表示するウィジェットや、データローミングの設定サポート機能をもつ。

 対象機種は、AQUOS PHONE SH-12C、Xperia arc SO-01C、REGZA Phone T-01C、MEDIAS N-04C、LYNX 3D SH-03C、Optimus chat L-04C、GALAXY Tab SC-01C、GALAXY S SC-02B、Xperia SO-01B、LYNX SH-10B、HT-03A(Android 1.6)で、今後は他機種にも順次対応する予定。

海外拠点ではACアダプタや電源プラグ、「WORLD WINGポケットガイド」の入ったポーチを無料貸出し

 新たに無料充電サポート拠点を設置するのは、カナダ、フィリピン、インドなど13か国で、アメリカや韓国、台湾など18の国や地域では、拠点数を増やす。海外拠点では、ドコモの携帯電話スマートフォンのACアダプタやマルチ電源プラグ、「WORLD WINGポケットガイド」が入ったポーチを無料で貸し出す。

オススメの記事