エムヴィケーは、台湾In Win Development製のPCケース「IW-EC030」「IW-EC022」「IW-EN030」の取り扱いを開始する。価格はいずれもオープンで、実勢価格は3機種とも4000円前後の見込み。

IW-EC030(左)、IW-EC022(中)、IW-EN030(右)

 いずれも本体素材にSECC(電気亜鉛メッキ鋼板)を採用。ピアノブラックを基調としたデザインで、ケース内外の加工を入念に行うことで、上位モデルと同様の加工精度を実現している。

 ミドルタワーの「IW-EC030」「IW-EC022」は、ATX/MicroATXマザーボードに対応し、5インチベイ×4、3.5インチオープンベイ×1、3.5インチ内蔵スロット×4を備える。幅180×高さ406×奥行き430mm、重さは約3.96kg。

 ミニタワーの「IW-EN030」は、MicroATXマザーボードに対応し、5インチベイ×2、3.5インチオープンベイ×1、3.5インチ内蔵スロット×2を備える。サイズは、幅168×高さ350×奥行き370mm、重さは約2.88kg。

 3モデルとも、ケース背面に90mmケースファン(スリーブファン)を搭載し、フロント部には120mmファンを1基追加できる。