KDDI、スマートフォン6機種発表、「INFOBAR A01」やテンキー付きの「AQUOS PHONE IS11SH」など

ニュース

2011/05/17 19:27

 KDDIと沖縄セルラーは、5月17日、au携帯電話の2011年夏モデルとして、「iida」ブランド初のスマートフォン「INFOBAR A01」を含むスマートフォン6機種と、au携帯電話6機種の計12機種を、5月下旬以降、順次発売すると発表した。

ワンセグやおサイフケータイに対応する「Xperia acro IS11S」

 スマートフォンは、6機種すべてがOSに最新のAndroid 2.3を搭載。いずれもおサイフケータイや赤外線通信、「@ezweb.ne.jp」ドメインのEメールに対応した日本仕様のモデルで、カラーバリエーションもそれぞれ2~4色と、豊富に揃えた。また、受信時最大9.2Mbps、送信時最大5.5Mbpsの高速データ通信ができる「WIN HIGH SPEED」に全機種が対応する。

テンキーを搭載し、従来の携帯電話のように文字入力できる「AQUOS PHONE IS11SH」

 スマートフォン「IS series」は、3D映像が撮影できるツインカメラを搭載した3D対応モデル「AQUOS PHONE IS12SH」、3D動画の再生ができ、タッチパネルとテンキーを搭載したスライド型の「AQUOS PHONE IS11SH」、フルキーボードを搭載した「REGZA Phone IS11T」、ワンセグやおサイフケータイなどに対応するXperiaシリーズの日本仕様モデル「Xperia acro IS11S」、耐衝撃と防水・防塵性能を備えたタフネスモデル「G'z One IS11CA」の5機種をラインアップする。発売時期は6月下旬以降。

耐衝撃・防水・防塵性能を備えた「G'z One IS11CA」

 デザイン性を重視する「iida」ブランド初のスマートフォン「INFOBAR A01」は、プロダクトデザイナーの深澤直人氏が外観デザインを手がけた。手にフィットする形状に、2003年に発売した初代「INFOBAR」を受け継いだ特徴的なタイル状のキーと、「NISHIKIGOI」をはじめとするマルチカラーを採用する。また、滑らかな操作性と自由なカスタマイズが特徴の新たなユーザーインターフェース「iida UI」を搭載し、使い勝手を高めた。カラーは、KURO、NISHIKIGOI、HACCA、CHOCOMINTの4色。発売時期は7月上旬以降。

手に収まるコンパクトサイズ「INFOBAR A01」。ワンセグやおサイフケータイにも対応する

 ACアダプタやポータブル充電器など、スマートフォン向けの各種アクセサリを発売する。また、各機種の発売に合わせて、ファッションブランドとコラボレーションした「IS series」専用ジャケットをKDDI直営のファッション通販サイト「au one Brand Garden」で限定販売する。「INFOBAR A01」向けには、ケースやACアダプタ「JUPITRIS」などのほか、ミラノサローネ2011で展示したイタリアのステショナリーブランドNAVAとコラボレートした「iida and NAVA」のアイテム8種類を用意する。

コードを本体に巻き付けて格納できるACアダプタ「JUPITRIS」

 au携帯電話は、1620万画素の高感度CMOSカメラを搭載した「S007」や、1220万画素カメラと、12連写から最も綺麗に撮れた写真をオススメしてくれる「おまかせセレクト」機能を搭載した「T007」といった高機能カメラモデルに加え、防水・防塵性能を備え、オリジナルアプリ「アトリエペンギン」をインストールした「CA007」、着信時などにキラキラとした「スパークリングイルミ」が光る「T008」、薄さ14.8mmの防水スリムモデル「K009」、「簡単ケータイ」シリーズ初の500万画素カメラを搭載し、防水・防塵性能を備えた「簡単ケータイ K010」と、幅広いラインアップを揃える。

簡単ケータイ K010

 サービスの拡充として、これまでスマートフォン向けのみだった「Skype | au」をau携帯電話にも導入。対応機種の発売と同時に、au携帯電話向けにBREWアプリ「Skype | au」の提供を開始する。また、メニューの使い勝手を改善するセルフメニューや、機種変更しても送受信したメールやフォルダ名称、振分け条件などの設定情報を移行する機能に対応する。

オススメの記事