パイオニアは、ナビ機能を拡充し、毎月地図データの更新ができる「カロッツェリア エアーナビ」の新製品「AVIC-T99」「AVIC-T77」「AVIC-T55」の3機種を、5月下旬に発売する。

カロッツェリア エアーナビ AVIC-T99(左)、AVIC-T77(中)、AVIC-T55(右)

 インターネットに接続したPCで自動取得した最新の地図データをmicroSDカードに読み込み、毎月「エアーナビ」の地図データを更新できる。更新は、2014年4月までの3年間無料。地図データは、独自の圧縮技術で、従来のHDDナビの5分の1のデータサイズに圧縮。10mスケール詳細市街地図表示など、HDDナビと同等の情報量を実現している。

 自車位置を1秒間に5回測位する「5Hz測位」や、新開発アルゴリズムを採用した位置認識ソフトで、トンネル内や立体交差点、立体駐車場などでの自車位置情報の精度を向上した。

 さらに、過去の渋滞情報を分析し、大型連休や季節、曜日など約30パターンの渋滞予想データを収録し、実際の道路事情に即したルートや、目的地までの正確な所要時間を、通信なしで表示する。

 また、別途通信契約を行うことで、カロッツェリアのカーナビユーザー同士で渋滞情報を共有したり、ナビポータルが提供するテレマティクスサービスによって、自車位置周辺の最新ニュースやイベント、店舗情報などをリアルタイムで取得したりすることができる。

 価格はいずれもオープンで、実勢価格は7V型ワイドVGA液晶の「AVIC-T99」が6万円前後、5.8V型ワイドVGA液晶の「AVIC-T77」が5万円前後、4.8V型ワイドVGA液晶「AVIC-T55」が4万5000円前後の見込み。

 サイズは、「AVIC-T99」が幅196.5×高さ105.6×奥行き22mm、重さは500g。「AVIC-T77」が幅178mm×高さ99×奥行き35.8mm、重さは315g。「AVIC-T55」が幅154.2×高さ95.1×奥行き25.8mm、重さは315g。