マカフィーは、2012年に開催されるロンドンオリンピックに向けて動き出したサイバー犯罪について、自社ブログで解説している。

 ロンドンオリンピックは2012年7月にロンドンで開催される予定で、30回目の夏季オリンピックとして注目を集めている。今回、ロンドンオリンピックの情報や観戦チケットなどを扱う有料情報サイトによるサイバー犯罪が確認された。

 このサイトは、「このサービスは、ウェブサイトLondon2012.comとは無関係です」と記載しており、通話料は1分1.02ポンド。また、「この情報サービスは無保証で提供されるものであり、同サービスの正確さ、または特定目的への適合性は保証されません」とある。

 非公式のサイトや高額な情報を提供するサービスには、常に犯罪や詐欺の問題がつきまとう。今後も、詐欺師やサイバー犯罪者が、ロンドンオリンピックを餌にユーザーの金銭を狙ってくることが考えられ、マカフィーでは公式の最新情報を確認するように注意を呼びかけている。