コミPo! 製作委員会(ウェブテクノロジ・コム内、田中圭一委員長)は、マンガ制作ソフト「コミPo!」の機能を強化し、3Dデータ読み込み機能を追加するソフトウェアアップデートを、4月27日から無料で提供する。

 新バージョン「コミPo! バージョン1.50」は、新たに3Dデータ(MQOファイル)の読み込み機能を搭載。自分で作成した3Dデータやインターネット上で公開されている3Dデータを読み込み、マンガのアイテムやキャラクターとして利用することで、表現力がアップする。 

「Metasequoia」で作成した3Dデータを「コミPo!」取り込むまでの流れ

 読み込みに対応する3Dデータは、3Dポリゴンモデラー・ソフト「Metasequoia(メタセコイア)」で作成したMQOファイルで、所定の条件を満たしたもの。取り込んだ3Dデータは、「コミPo!」上で自由に向きを変えることができる。また、作成した3Dデータは、マーケットプレイス「もえコミPo!」「e3paper」で公開・販売もできる。

 「コミPo!」は、あらかじめ用意された3Dモデルのキャラクターデータやアイテムなどの素材を配置し、セリフや書き文字などの効果を加えて、まったく絵を描かなくても簡単にマンガを作成できるソフト。2010年12月の発売以来、機能の追加や改良、素材の追加・修正などのアップデートを重ねてきた。今回は、「自作の3Dデータを使いたい」というユーザーの要望に応えた。 

「コミPo!」の製品パッケージ(初回特典付き)

 現在の「コミPo!」ユーザーは、無料でバージョン1.50にアップデートできる。パッケージ版を新規購入した場合は、それまでのバージョンアップ分を含めインストール時にアップデートできる。価格は、パッケージ版が9700円、ダウンロード版が6700円。

 「コミPo!」のキャラクターモデル用の着せ替えセットや、関連書籍も発売中。また、第23回中小企業優秀新技術・新製品賞のソフトウェア部門優秀賞や、Vectorプロレジ大賞 FINALで2010年最優秀作品賞を受賞している。