LGエレクトロニクス・ジャパンは、23インチの3D液晶ディスプレイ「D2342P-PN」を4月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万9800円前後の見込み。

D2342P-PN

 3D映像の表示に偏光方式を採用。3D再生時に生じるフリッカー(ちらつき)や左右の映像の混入現象を極限まで低減して、目の負担を軽減する。第三者試験認証機関のTUV Rheinlandから、「フリッカーフリー」の3Dモニタとして認証を受けている。

 「3Dカラーエフェクト」機能によって映像の輝度を上げ、3Dグラスを通しても明るい画質になるよう最適化。「サイドバイサイド」「トップアンドボトム」「インターレース(ラインバイライン)」の3D映像方式に対応し、幅広い3Dコンテンツが再生できる。

 液晶パネルは最大解像度1920×1080の23インチワイドで、ハイコントラストで低消費電力のLEDバックライトを搭載。映像エンジン「f-ENGINE」の搭載によって、コントラスト比500万:1を実現している。サイズは幅546.4×高さ407.3×奥行き179.3mm、重さは3.5kg。

 3Dグラスは、重さ16gの標準タイプと、メガネに装着できる8gのクリップオンタイプの2種類が付属。透過性が高く、明るい3D映像を視聴できる。

クリップオンタイプの3Dグラスは普段かけているメガネに簡単に取り付けられる

 2D→3D変換ができる3Dソフト「TriDef」が付属。手持ちの写真や動画、ゲームなどを3Dに変換して楽しめる(ブルーレイディスクの3D変換には非対応)。奥行き感の変更など、3Dの深度調整ができる。