ソフトバンクモバイルとダイヤル・サービスは、4月20日、福島県相馬市の東日本大震災の避難所に、スマートフォンのテレビ電話機能を使った遠隔カウンセリングを導入した。

 福島県相馬市では、すでに福島県立医科大学の丹羽真一教授を中心としたケアチームのメンタルケアを実施している。今回は、被災者の心のケアサポートをさらに充実させるために、スマートフォンのテレビ電話を使った遠隔カウンセリングを一部の避難所に導入した。料金は無料。

 ソフトバンクモバイルは、スマートフォンやWi-Fiなどの通信環境構築を中心に協力。総合相談サービスやコンサルティングを行うダイヤル・サービスは、対面型遠隔相談サービス「aelwa(会える輪)」で遠隔カウンセリングを提供する。テレビ電話で首都圏のカウンセラーと避難所をつなぎ、顔を見て会話をしながら、メンタルケアの遠隔カウンセリングを行う。

 相馬市の他の避難所にも、準備が整い次第導入する。さらに、他県の避難所への導入も検討している。