コクヨグループのコクヨS&Tは、ビジネスアイテムのブランド「trystrams(トライストラムス)」から、ロボットデザイナーの松井龍哉氏がデザインした電卓「電子計算機<X-ViZ(クロスヴィズ)>」を5月11日に発売する。カラーはブラックとホワイトで、価格は5250円。

trystrams 電子計算機<X-ViZ>

 直感的な操作性、携帯性と上質感をコンセプトにモノトーンを基調とした「<X-ViZ>」シリーズは、2010年3月に「プレゼンテーションポインター」と「ICレコーダー」を発売。これらは「2011年度iFデザイン賞」を受賞している。

 「電子計算機<X-ViZ>」は、ツヤ消しのマット仕上げと直線的なキーレイアウトのスリムなボディで、携帯性にすぐれる。クリック感重視のキー設計によって片手での操作が可能で、接客などの立ち仕事での使用に最適。

 ディスプレイは10桁表示で、日付や時刻表示に対応。ショートメモリ機能を搭載しており、直前の計算結果を表示することができる。本体サイズは、幅32×高さ162×奥行き12mm。