ニコンは、横開き方式のバリアングル液晶モニタを搭載したニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5100」を、4月21日に発売する。

D5100(AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

 2009年5月に発売した、ニコン初のバリアングル液晶モニタ搭載デジタル一眼レフ「D5000」の後継機。「D5000」の2.7型より大型・高精細の約92万ドットの広視野角3型バリアングル液晶モニタを搭載する。

横開き方式を採用したバリアングル液晶モニタ。可動範囲は開閉0~180度、回転-90度~+180度

 自在なアングルからの撮影や三脚を使った撮影を考慮し、「D5000」では縦開きだったバリアングルを、横開き方式に変更。開閉は左側に0~180度、回転は開いた状態で時計回りに90度、反時計回りに180度可動する。液晶画面を見ながら撮影する「ライブビュー撮影」機能を利用し、ローアングルからハイアングル、自分撮りまで自由自在なアングルで撮影できる。

 エントリーモデルながら、上位機種「D7000」と同等のニコンDXフォーマットのCMOSセンサと画像処理エンジン「EXPEED 2」を搭載。有効画素数は1620万、連続撮影速度は最高約4コマ/秒。常用ISO感度はISO100~6400で、Hi2(ISO25600相当)まで増感設定ができる。

 1920×1080、30pのフルHD動画を撮影・編集できる動画撮影機能「Dムービー」や、静止画、動画にかかわらず、液晶モニタで確認しながらカメラ本体で演出効果を選択・設定できる「スペシャルエフェクトモード」、露出の異なる2枚の画像を合成し、ダイナミックレンジの広い画像を生成する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」などを搭載する。記録媒体はSDXC/SDHC/SDメモリカード。サイズは幅約128×高さ97×奥行き79mm、本体のみの重さは約510g。

 ボディとレンズを組み合わせたレンズキットとして、「D5100 18-55 VR レンズキット」「D5100 18-105 VR レンズキット」、標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と超望遠ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」が付属する「D5100 ダブルズームキット」の3モデルをラインアップする。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、ボディ単体が8万円前後、18-55 VR レンズキットが9万円前後、18-105 VR レンズキットが12万円前後、ダブルズームキットが12万5000円前後の見込み。