Shure Japan Limitedは、カナル型イヤホン「SE215」とヘッドバンド型ヘッドホン「SRH940」「SE550DJ」を4月下旬から順次発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、「SE215」が9500円前後、の「SRH940」が2万6800円前後、DJ向け「SE550DJ」が8500円前後の見込み。

 「SE215」は、遮音性にすぐれたカナル型イヤホンのエントリーモデル。ダイナミック型ドライバを搭載し、低音域を重視したサウンドを再現する。カラーはトランスルーセントブラック、クリアー。

 ケーブルは着脱式で、長さは1.6m。イヤーパッドは素材と形状の異なる2種類が付属し、利用シーンに応じて選ぶことができる。サイズはS/M/L。

SE215

 「SRH940」は、スタジオ録音の利用に適したプロ向けのヘッドホン。直径40mmのドライバで、低音域から高音域まで幅広い音域を再現する。

 耳全体を包み込んで周囲の騒音を低減する「サーカムオーラル・デザイン」を採用。イヤーパッドはベロア素材を用い、人間工学に基づいた設計で長時間使用しても疲れにくい。

 本体は折りたたみ式。ケーブルは着脱式で2種類が付属する。長さ3mのカールタイプと、2.5mのストレートタイプ。ケーブルを除く重さは約320g。

SRH940

 「SE550DJ」は、DJ向けヘッドホンのエントリーモデル。直径50mmのドライバを搭載し、歪みのない低音域を再現する。イヤーカップは90度回転し、DJのミキシングのとき、片耳で聴き取るのに便利。本体は折りたたみ式で、持ち運びやすい。ケーブルはストレートタイプの両出しで、長さは2m。ケーブルを除く重さは約235g

SE550DJ

 発売は、「SE215」「SRH550DJ」が4月下旬、「SRH940」が6月の予定。