ソニーは、充実したインターネットテレビ機能を備えた液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の新製品4シリーズ8機種を、4月下旬に発売する。

KDL-55HX920/KDL-46HX920

 ラインアップは、シンプルなモノリシックデザインを採用し、4倍速駆動パネルと新高画質回路「X-Reality PRO」を搭載したHX920/HX820/HX720シリーズと、倍速駆動パネルと高画質回路「X-Reality」を搭載したNX720シリーズの4シリーズ。画面サイズは、HX920/HX820シリーズが55V型/46V型、HX720/NX720シリーズは46V型/40V型。いずれも1920×1080のフルハイビジョン表示に対応し、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載する。

 4シリーズとも、FacebookやTwitter、ニコニコ実況などのアプリケーションや、ソニーのプレミアム動画配信サービス「Video On Demand powered by Qriocity(“キュリオシティ”ビデオオンデマンド”)」など、多彩なインターネットサービスに対応。受け身の視聴スタイルではなく、好きなコンテンツに主体的にアクセスして楽しむ「インターネットテレビ」として売り出す。

 アプリは、テレビを見ながら常に最新の情報を取得できる情報閲覧機能「アプリキャスト」上で利用でき、例えば、新たに提供するFacebookアプリでは、テレビを見ながら、ソーシャルネットワークサービス「Facebook」を利用できる。無線LAN機能を内蔵するHX920/HX820/NX720シリーズは、ワイヤレスで簡単にインターネット回線に接続可能。HX720シリーズも、別売のUSB無線LANアダプタ「UWA-BR100」を装着すればワイヤレスで接続できる。

 全機種が3Dシンクロトランスミッターを内蔵し、3D映像の視聴に対応。別売の3Dメガネを装着すれば、くっきりと明るく、迫力のある3D映像を楽しめる。市販の外付けHDDへの録画にも対応する。

 HX920/HX820/HX720シリーズの計6機種は、データベース型複数枚超解像技術を採用した新高画質回路「X-Reality PRO」を搭載しており、フルハイビジョン映像から、ネット動画、DVDなどの低解像度の映像まで、美しく再現する。また、顔認識機能付き「インテリジェント人感センサー」を搭載し、人がテレビの前にいるかどうかだけではなく、テレビを見ているかどうかを感知し、自動で画面輝度の調整や消画を行い、節電する。

 さらに、HX920シリーズは、4倍速駆動パネルで16倍速相当の動画表示性能を実現する「モーションフローXR960」や「インテリジェントピークLED」などの高画質技術を搭載。HX820/HX720シリーズは、4倍速駆動パネルで8倍速相当の動画表示性能を実現する「モーションフローXR480」を搭載する。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、HX920シリーズの55V型「KDL-55HX920」が43万円前後、46V型「KDL-46HX920」が35万円前後、HX820シリーズの55V型「KDL-55HX820」が37万円前後、46V型「KDL-46HX82」が29万円前後、HX720シリーズの46V型「KDL-46HX720」が27万円前後、40V型「KDL-40HX720」が21万円前後、NX720シリーズの46V型「KDL-46NX720」が27万円前後、40V型「KDL-40NX720」が21万円前後の見込み。