マカフィーは、モバイル端末のセキュリティとその管理について、個人ユーザーと企業ユーザー両方の観点から、問題点と対処方法を自社ブログで解説している。

 スマートフォンやiPadをはじめとするスレートなど、さまざまなモバイル端末が登場するなかで、個人・企業がもつモバイル端末のセキュリティ管理はいまや急務になっている。

 個人ユーザーの問題点は、知人の連絡先や写真、動画など端末に保存したデータを紛失してしまうこと。また、端末がマルウェアに感染する危険性も存在する。さらに、端末本体をなくしてしまうことが挙げられる。

 一方、企業ユーザーは、IT部門がモバイル端末を保護、コントロールできないので、モバイル端末を仕事で使用することに対して否定的である点だ。適切なセキュリティ対策がないモバイル端末で企業ネットワークにアクセスすることは脅威となる。

 ニーズが高まっているモバイル端末の利用を促進するには、何が必要なのか。個人ユーザーは、クラウドにバックアップしてデータを保護する必要がある。また、企業ユーザーは、PCのITインフラや、データのセキュリティをモバイル端末にまで拡大し、一括して管理していく必要がある。