ソフトバンクモバイルは、裸眼で3D映像が楽しめるシャープ製のスマートフォン「GALAPAGOS SoftBank 003SH」を、12月17日に発売する。価格はオープン。実質負担額は、新規契約で新スーパーボーナスを利用した場合、3万3120円。

 3D表示に対応した3.8型液晶を搭載し、専用メガネなしで臨場感溢れる立体的な映像やゲームが楽しめる。3Dの写真を撮影したり、2Dの静止画/動画を3Dに変換したり、豊富な3D機能を備える。

GALAPAGOS SoftBank 003SH

 端末の購入後すぐに3D映像が楽しめるよう、「ロックマン」「バイオハザード ディジェネレーション」などのゲームや『シュレック フォーエバー』『劇場版 3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!』などの映画をプリインストールする。

 このほか、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、デコレメなどの便利機能を搭載。一般の携帯電話と同様の機能を利用できる。OSはAndroid 2.2で、ウェブブラウジングやアプリケーションを快適に操作できる。Flash Player 10.1に対応し、動画共有サイト「Ustream」「ニコニコ動画」などのコンテンツをPCと同じように表示する。

別売の「Limited Color」は10色

 無線通信として、無線LAN IEEE802.11b/gとBluetooth Ver.2.1+EDRに準拠。カメラは有効約960万画素、外部メモリはmicroSDHCカードに対応。サイズは幅62×高さ121×奥行き12mm、重さは約140g。

 カラーはミラノレッド、ネイビーブラック、ホワイト。カラーバリエーションが楽しめる別売の電池カバー「Limited Color」として、タータンチェック、ポルカドット、レッドボーダー、フラワー、グレンチェック、チドリ、ツバメ、アーガイル、インディゴボーダー、ストライプの10色を揃える。「Limited Color」は、12月下旬以降に数量限定で発売する予定。