日本エイサー、実勢価格6万円台の11.6型ノートPC「EC19C-A52C/S」、超低電圧版Core i5搭載

ニュース

2010/11/25 10:57

 日本エイサーは、Gatewayブランドから、超低電圧版のCore i5を搭載し、バッテリ駆動時間が約6時間の11.6型ワイドノートPCEC19C-A52C/S」を、11月26日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万5000円前後の見込み。

EC19C-A52C/S

 CPUにCore i5-470UM(1.33GHz)を搭載。インテル ターボ・ブースト・テクノロジーが、必要に応じて稼働コア数を調整し、動作周波数を最大1.86GHzまで高め、ハードワークも高速で処理する。インテル ハイパースレッディング・テクノロジーで、マルチタスクをスムーズに処理する。

 本体右上の「ソーシャルネットワークボタン」をひと押しすれば、Facebook、YouTube、Flickrを集約したソーシャルネットワークにアクセス。ウェブブラウザを立ち上げる必要がない、

 解像度1366×768ドットの11.6型ワイド液晶、2GBのメモリ、320GBのHDDを搭載。OSはWindows 7 Home Premiumの64ビット版。通信機能は無線LAN IEEE802.11b/g/nとBluetooth3.0+HSに対応する。バッテリ駆動時間は約6時間。薄さは細身のバッグに収まる約25mmで、重さは約1.35kgと軽量。シルバーの天板にウェーブ模様を施した。

オススメの記事