ソフトバンクM、写真撮影が楽しくなる防水携帯「AQUOS SHOT 002SH」

ニュース

2010/11/17 19:39

 ソフトバンクモバイルは、携帯電話の2010年冬モデルとして、有効約1410万画素のカメラを搭載するシャープ製端末「AQUOS SHOT SoftBank 002SH」を、11月19日に発売する。価格はオープン。実質負担額は、新規契約で新スーパーボーナスを利用した場合で4万5120円。

AQUOS SHOT SoftBank 002SH

 有効1410万画素のCCDカメラを搭載。魚眼レンズのような歪みのある写真を撮影できる「魚眼カメラ」や、被写体をミニチュア模型のように撮る「ミニチュアライズカメラ」など、撮影を楽しくする機能が充実する。連写撮影後に自動でオススメの画像を選択する「オススメフォト」を備え、子どもの様子やスポーツなどの動きの速いシーンで、連写した画像のなかから簡単にベストショットを見つけることができる。

 1280×720ドットのハイビジョン動画の撮影に対応。二つのマイクを搭載し、ステレオ録音ができる。HDMI端子を備え、撮影した静止画や動画を大画面テレビで楽しめる。

 付属する卓上ホルダーに本体をセットすれば、デジタルフォトフレームのように静止画のスライドショーや動画を観賞できる。

 最大54Mbpsの高速通信「ケータイWi-Fi」に対応。映画やお笑いなどの高画質な動画コンテンツを楽しめるほか、YouTubeなどのサイトも快適に閲覧できる。

 IPX5・IPX7相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を備える。約3.4型ワイドのメインディスプレイを搭載。外部メモリは最大32GBまでのmicroSDHCカードに対応する。カラーはティールグリーン、ピンク、シルバー、ブラック。本体サイズは幅51×高さ112×薄さ16.2-18.8mm、重さ約134g。

オススメの記事