普通のパソコンのUSBポートからiPadを充電、「iPad充電&同期ケーブル 500-USB008」

ニュース

2010/11/16 15:21

 サンワサプライが運営するインターネット通販サイト「サンワダイレクト」は、一般的なパソコンのUSBポート経由でiPadを充電できる「iPad充電&同期ケーブル 500-USB008」を発売した。サンワダイレクト(本店・楽天市場店・Yahoo! ショッピング店・Amazonマーケットプレイス店)限定販売で、価格は1480円。

iPad充電&同期ケーブル 500-USB008

 アップルのiPadは、ハイパワーUSB2.0ポートを搭載するMac以外のパソコンにつなぐと「充電中ではありません」と表示され、USBポート経由で充電ができない。このため、純正の充電ケーブルをコンセントに接続するしか充電方法がなかった。 

iPad/iPhone/iPodの充電・同期に対応。充電時は赤色、同期(iPhone/iPodは充電+同期)時はグリーンのランプが点灯する

 「iPad充電&同期ケーブル 500-USB008」は、Dockコネクタ部分の切替スイッチで「充電」と「同期」を切り替えることで、通常は充電できない一般的なパソコンのUSBポートからiPadを充電することができる。

 iPhoneやiPodにも対応。iPad接続時は「充電」「同期」のどちらか一方が機能し、iPhone/iPodを接続すると、切替スイッチが充電の場合は「充電」のみ、同期の場合は「充電」と「同期」を同時に行う。市販のAC-USB充電器を接続すれば、コンセントからも充電できる。USBポートを備えたeneloopなども使用できる。カラーはホワイト。ケーブル長は約77cm、重さは約25g。

オススメの記事