エグゼモード、3D動画を撮影、裸眼で確認できるビデオカメラ、2万円台で

ニュース

2010/11/12 17:31

 エグゼモードは、撮影した3D動画・静止画を、専用メガネを使わずにその場で確認できる縦型のデジタルビデオカメラ「EXEMODE 3DV-5WF」を、11月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万4800円前後の見込み。

EXEMODE 3DV-5WF

 3Dの方式は、左右の二つのレンズでそれぞれ左目用、右目用の映像を撮影し、一つの映像として記録するサイド・バイ・サイド方式。撮影した3Dの動画・静止画をモニタに表示し、裸眼で確認できる。また、3D対応のテレビやPCに本体を接続し、撮影した3D動画・静止画を大画面で楽しむことができる。

 有効504万画素の1/4型CMOSイメージセンサ×2を搭載。3D撮影時は最大解像度848×480(30fps)で、2D撮影時は最大解像度1280×720(30fps)で動画を撮影できる。レンズは35mmフィルムカメラ換算で36mmの固定焦点レンズ。デジタルズームは、2D撮影時は4倍まで対応、3D撮影時はなし。

 3.2型のワイドモニタを装備。外部メモリはSD/SDHCカードに対応し、128MBのメモリを内蔵する。電源は専用リチウムイオン充電池。本体サイズは幅42×高さ124×奥行き75mm、重さ約164g。カラーはホワイト。

オススメの記事