NTTドコモは、11月8日、携帯電話の2010年冬/2011年春モデルの新製品発表会で、携帯電話向けの次世代通信規格「LTE(Long Term Evolution)」を利用した高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」を発表した。12月24日にサービスを開始し、同時に対応するUSB型端末の「L-02C」を発売する。

通信規格LTEを利用した高速通信サービス「Xi」

 「Xi」は、受信時最大37.5Mbps(一部屋内施設では最大75Mbps)、送信時最大12.5Mbpsのデータ通信サービス。光回線並みの通信速度で、快適にブロードバンドが利用できる。サービス開始時の対応エリアは東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、大阪府の主な地域で、2011年度内には県庁所在地など、また12年度には全国の主要都市に拡大する予定。

 データ通信端末のラインアップは、レッドとシルバーの2色を揃えるUSB型「L-02C」と、ExpressCard型「F-06C」。「L-02C」は12月24日、「F-06C」は11年4月に発売する。

USB型「L-02C」(左)とExpressCard型「F-06C」

 料金プランは、「Xiデータプラン」と、2年間の継続利用を条件に料金を割引して提供する「Xiデータプランにねん」の2種類。利用するデータ量が5GBまでの場合、「Xiデータプラン」は月額7980円、「Xiデータプランにねん」は月額6510円。5GBを超える場合は、いずれも2GBごとに2625円を加算する。

 5GBのデータ量の目安は、サイト閲覧(1ページ300KB程度)が約1万7500回、メール送受信(1KB程度)が約524万通のほか、動画が約1370分(平均512Kbps)と音楽が約1250曲(1曲約4分で約4MB)の視聴。

 サービス開始時の対応エリアを考慮して、割引料金「Xiスタートキャンペーン」を設定。期間は10年12月24日-11年4月30日。「Xiデータプラン」は月額で上限6405円、「Xiデータプランにねん」は上限4935円で提供する。いずれも5GBを超えた加算料金は不要。

「Xi」のロゴ