秩父宮ラグビー場に巨大なリポビタンDが! iPhoneアプリ「リポビタンD AR」

ニュース

2010/10/29 14:58

 大正製薬は、iPhoneAR(拡張現実)アプリケーション「リポビタンD AR」を10月27日から提供開始した。料金は無料。

iPhoneアプリ「リポビタンD AR」の画面イメージ

 日本ラグビーフットボール協会が主催し、大正製薬が特別協賛するラクビーの国際大会「リポビタンDチャレンジ2010」の開催を記念したもの。試合は日本代表対サモア代表戦(10月30日)、日本代表対ロシア代表戦(11月6日)の2試合で、秩父宮ラグビー場に世界一大きな「リポビタンD」をAR技術を利用して展開する。

 アプリをアップルのApp Storeからダウンロードし、起動後、iPhoneのカメラを秩父宮ラグビー場にかざすと、iPhoneの画面越しに巨大なリポビタンDが登場する。また、秩父宮ラグビー場から半径2km以内の周辺エリアで、秩父宮ラグビー場に向けてカメラをかざすと、リポビタンDが現れる。 

「リポビタンD」のボトル(左)とiPhoneアプリ「リポビタンD AR」の使用イメージ(右)

 アプリには、ラグビー日本代表ヘッドコーチのジョン・カーワン氏の特別インタビューやリポビタンDの情報、CMの「親指でキャップを開けるシーン」を再現したオリジナルゲームも収録。ゲームは、「ファイト イッパーツ!」の音声に合わせてキャップを開け、キャップを開けるスピード・タイミング・角度によって点数が決まる。対応機種はiPhone 4/iPhone 3GS(iOS4.0以降対応)。

オススメの記事