角川、電子書籍プラットフォーム「Book☆Walker」立ち上げへ、12月にiPad/iPhone向けアプリを提供

ニュース

2010/10/26 17:33

 角川グループホールディングス傘下の角川コンテンツゲート(浜村弘一社長)は、10月26日、電子書籍を中心とするデジタルコンテンツの提供・販売を行う直営プラットフォーム「Book☆Walker」の立ち上げを発表、来年7月のグランドオープンを目指す。

 12月にiPad/iPhone向けアプリの提供を開始。ライトノベル、コミック、文芸ジャンルのなかから人気のある約100作品をラインアップし、その後、毎週20作品前後を追加していく予定。決済方法はアプリ内課金。

 2011年4月にはプラットフォームサービスを開始し、2011年7月にグランドオープンする予定。来年4月の「Book☆Walker」サービス開始時は、Android OSを含むスマートフォンタブレット端末、PCなど、幅広い端末に対応し、文芸書、ライトノベル、コミック、新書、実用書、雑誌など、作品ジャンルごとにストアを展開する。オープン当初の作品数は約1000作品で、角川グループ以外の出版社やコンテンツプロバイダの参加を募りながら、順次拡大させる予定。決済方法は、クレジットカード、プリペイドカードなどを予定している。

 「Book☆Walker」は、電子書籍を軸に、関連するアニメや映画の映像、グッズの通信販売などをシームレスに提供するシステムを構築する予定。さらに、紙の新刊書籍と電子書籍の同時発売や、Twitterなどのソーシャルメディアと連動。同時に、書店や販売会社との連携を強化し、既存書店への購買客の誘導や紙の書籍との連動企画、書店店頭向けの新商品の開発など、双方の売上拡大につながるさまざまな試みを実施していく。

オススメの記事