マカフィー、セキュリティ機能をもつUSBメモリ、FIPS-140-2に準拠

ニュース

2010/10/21 10:47

 マカフィーは、セキュリティ機能を備えたUSBメモリ「McAfee Encrypted USB version 1.3」を、10月21日に発売する。容量と価格は、1GBが1万290円、2GBが1万5750円、4GBが2万790円、8GBが3万6750円。

McAfee Encrypted USB version 1.3

 AES-256など、高度な暗号化方式を採用。暗号モジュールのセキュリティに関する米国連邦標準規格「FIPS-140-2」に準拠し、業務上持ち出さざるを得ないデータに対して安全性を確保する。

 同社のセキュリティ管理ツール「ePO」を活用すれば、使用中のUSBメモリを社内で一元管理できるほか、レポーティング・監視を行うことで管理コストを削減し、社内のセキュリティ強化を実現する。

 本体に標準でインストールするアンチウイルスエンジンがデータのウイルスチェックを実行し、感染している場合はウイルスを除去。感染ファイルを社内のPCに持ち込む心配がない。

オススメの記事