ゼンリンは、インストール型地図ソフト「ゼンリン電子地図帳Zi」シリーズの最新版として、売上げなどの数値情報を地図上に表示する「データ展開モード」を追加した「ゼンリン電子地図帳Zi13」を、11月19日に発売する。価格は、通常版が1万4700円、アップグレード/乗換版が1万1550円。

「ゼンリン電子地図帳 Zi13」通常版(左)、アップグレード/乗換版

 顧客の住所のプロット表示に加え、売上げなどの数値情報を「アイコン」「グラフ」「色分け」で地図上に表示する「データ展開モード」を備え、顧客管理や物件管理などのビジネス用途に最適だ。

 2010年6月までの市町村合併情報を反映した1303都市の市街地図や、「NTTタウンページ」掲載情報約1000万件などを収録する。対応OSは、Windows 7/Vista/XP。なお、従来の「ゼンリン電子地図帳Zi 地域版シリーズ」の登録ユーザー向けに、優待価格で最新の全国版へ更新できる「DVD全国版バージョンアップ」を用意。ゼンリンオンラインショップのみで販売する。価格は7350円。