ソニー、AVCHDのフルHD動画が再生できる高画質デジタルフォトフレーム

ニュース

2010/10/14 18:26

ソニーは、フルハイビジョン(フルHD)動画の再生ができるデジタルフォトフレーム「S-Frame XRシリーズ」2機種を、11月26日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は、10.0型の「DPF-XR100」が4万円前後、8.0型の「DPF-XR80」が3万円前後の見込み。

S-Frame DPF-XR100/DPF-XR80

 静止画に加え、動画の再生機能を備える。外部メモリカードに保存したAVCHDフォーマットのフルHD動画の再生にも対応。ただし、幅か高さが最大サイズを超えていると再生できない。MP3、AAC、リニアPCM形式の音楽再生にも対応し、音像の補正を実現する「スピーカー出力最適化機能」などによって、臨場感ある音声を再生する。

 液晶は、2機種とも高コントラスト・広視野角の「TruBlackディスプレイ」を搭載。液晶パネルとガラスの間に樹脂を挿入し、光の乱反射を抑えることで、従来の「DPF-D75」に比べ、コントラストを約15倍、輝度を約2倍に向上させた。ガラス面へのコーティングによって、外光による映り込みも低減した。解像度は上位モデルの「DPF-XR100」が1024×600、「DPF-XR80」は800×480。全方向(左右上下)視野角160度で、斜めから見ても美しい。

 スライドショーのパターンや時計・カレンダーのパターンを追加した。スライドショー再生は計17パターン。メモリースティックやSDXC/SDHC/SDカード、xD-ピクチャーカードなど、さまざまなメモリカードに対応するマルチカードスロットを備えるほか、HDMI出力端子を装備する。内蔵メモリは約2GB。カラーはともにブラックとシルバーの2色。

オススメの記事