シャープ、AQUOS クアトロン第4弾、BDレコーダー内蔵の3D液晶テレビ

ニュース

2010/09/30 18:22

 シャープは、液晶パネルに独自の4原色技術を採用し、3D対応ブルーレイディスク(BD)レコーダーを内蔵した液晶テレビAQUOS クアトロン 3D LBシリーズ」2機種を、11月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は52V型の「LC-52LB3」が50万円前後、46V型の「LC-46LB3」が42万円前後の見込み。

AQUOS クアトロン 3D LBシリーズ(LC-52LB3/LC-46LB3)

 1920×1080のフルハイビジョン対応の液晶パネルには、独自の「UV2A」技術をベースに、従来の赤・緑・青の3原色に「黄色」を加えた4原色技術を採用。4原色技術は、光の利用効率が高く、従来の3原色液晶パネルに比べて約1.8倍明るい迫力ある3D映像を楽しむことができる。加えて、新たに4原色技術にマッチした「クアトロン 純モード」を搭載し、内蔵するBDレコーダーの映像を自然で滑らかに再現する。

 3D映像は、付属の専用メガネをかけて視聴する。通常の2D映像を変換して擬似的な3D映像を表示する「2D→3D変換機能」も備えた。内蔵するBDレコーダーは、ブルーレイ3Dディスクの再生に対応。テレビとレコーダーが一体化しているので、ディスクを挿入するだけで再生できる。BDの新規格であるBDXLにも対応し、1枚のBDXL規格のディスク(100GB 3層ディスク)に最長約87時間、フルハイビジョン画質でテレビ番組を録画できる。また、USBで接続した外付けHDDへの録画にも対応する。

 映像と音が一体化する8スピーカーシステムARSS」、パワフルな低音を再現する低振動ウーファー「Duo Bass」を搭載。そのほか、ホームネットワーク機能、デジタルカメラ携帯電話との連携、無線LANアダプタ対応など、周辺機器との連携機能を備える。

オススメの記事