マカフィー、Stuxnetワームの拡大で考えるAPT攻撃対策を解説

ニュース

2010/09/30 15:25

 マカフィーは、9月30日、マルウェア「Stuxnet」の拡大を受け、APT(Advanced Persistent Threat)対策を自社ブログで公開した。

 APTは、主要メディアや軍需企業、政府機関などを狙った組織的なサイバー攻撃。同社は、当面の懸念の一つに、2010年7月に米国やインド、イランなど数か国の工業制御システムで見つかったワーム「Stuxnet」を挙げており、自分の機密資産を確認し、ネットワークと資産の詳細を一元管理できるようにすることを勧めている。

オススメの記事